UNIQLO CALENDAR
New entry & Thanks comments♪
Search for this site
Tanks access
QR code for mobile phone
QR
Spin off blog
My Camera
Love link
Profile

ダリア*

Author:ダリア*

Monthly Archive
Category
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
『 草喰 (そうじき) なかひがし 』
なかひがし2010秋ー19 



『 お釜はんの御飯に 炭火の肴 山野草を添えて 』 

と、書かれた札が 入り口に。 



りんちゃんが春から予約してくれて お友達5人で
  『 なかひがし 』 さんへランチに行ってまいりました。



料理の様子が伺えて、大将の説明が聞ける
1階のカウンターが人気のようですが
予約でしばらく一杯とのことで、今回2階の座敷でいただきました。


それでも、4月29日に予約を入れて、9月23日となりました。でも、
そのおかげで、人数を増やせたし、貸切状態でゆっくりいただけました♪





なかひがし2010秋ー 



「昨日は 中秋の名月、芋名月でしたので。
ススキは裏で摘んできたものです。」



カエルさんが持ってそうな(笑)大きなズイキの葉っぱの器・・・
小芋、オクラ、魚、きな粉味の無花果
葉に巻かれたのは、茗荷寿司。 秋の食材がてんこ盛りで、
いきなりインパクトのある演出で楽しませてくれます。



なかひがし2010秋ー2 


ほおずきの中に、銀杏、そのまた中に有精卵。



なかひがし2010秋ー3 




白味噌(と、恐らく赤味噌が少し混ざった)合わせ茗荷汁。
職人技な包丁使いの冬瓜の中に栗が入ってるんです。
おだしがしっかり効いていて、ほっこりと美味しい。




「は~美味しいね。」 「うん、しみじみ美味しい~。」
 
「お雑煮の白味噌が余ったら、茗荷入れたらいいよね!」

・・・・関西人主婦の会話。笑




なかひがし2010秋ー4 



葉の包みをほどいて頂く、子持ち鮎の味噌幽庵焼き。

赤と緑の、万願寺とうがらし。好みで、唐辛子のソースを付けて。


「千葉の親戚から送って来まして。ゆがいただけです。」
という、ピーナッツの塩味が絶妙で、柔らかくて美味しいこと!


皆 お気に入りで、「いくらでも食べれる!」
「生で買って来て家で湯がいたら、こんなふうに食べれるんかな?」
「どこで売ってるんやろ?誰か千葉に親戚居ないの?笑」
と。笑 

 



なかひがし2010秋ー5 



お米のポップコーンなど、見た目も食べても楽しませてくれます♪




なかひがし2010秋ー6 


炭酸水を皆で。
 


なかひがし2010秋ー7 




「お話しの途中ですが、何はなくともまずこれを先に
お召し上がりください!!」


1階から、大急ぎで 炊きあがる直前の『煮えばな』を運んで来て下さいました。
一口食べてから、パシャ♪




なかひがし2010秋ー8 



全く臭みの無い、鯉の洗い。 鯉の皮、マイクロトマト、栗のスライス、
苦瓜、色々な葉、その上に白い茗荷の花、レモンイエローがオクラの花。 
 
店主自ら、畑へ毎日足を運び野菜を手に入れたり、
山へ入り花を摘んだりされるそうです。




なかひがし2010秋ー9 



シャーベット状の 冷た~くて
やや苦すぎる程、苦~い大根おろしでいただく。

辛味と苦味のかなり大人なお味で、いただく野草の力強さ。
まさに、『 草喰 』  の名に 相応しい一品だと感じました。




なかひがし2010秋ー10 



カブ、ズイキ、加茂茄子のたいたん。
そして、レンコンに小豆が入ってる・・・・
この一手間こそが、なかひがし流の愛情なのでしょう。




なかひがし2010秋ー11 




そして、まゆまゆちゃん(今回は中国でお仕事中のため参加できず)も、
こちらの鴨は絶品だよ!!と、言っていた 料理が
運良く出てきました♪  何度も訪れてるりんちゃんも鴨は初めてとのこと。


まず炭火焼の香ばしさ。食べると柔らか~くて、
旨みがギュッと詰まっていて。
評判通り、大変美味しい鴨でした。
また、この実山椒の、ピリリと 美味しいこと!!
大事に鴨肉の1枚1枚に置いて食しました。笑
玉ねぎも甘い。糸唐辛子と。

器も綺麗ですね♪




なかひがし2010秋ー12 



大根の間引き菜。

見た目は地味ですが・・・・塩や醤油の味だけが悪目立ちせず、
上品な薄味なのに、味がぼやけずしっかりとお味が付いている
炊いたん、家庭ではなかなか難しい。





なかひがし2010秋ー18 
なかひがし2010秋ー13 



なかひがしさんでは、今までのは前菜で
メインは このめざしとのこと(!)  炭火焼きのめざしが泳ぐ空柄の皿と、
風車を模した茶碗に、ふわりと、おくどさんで炊いた香り高いお米。

おこげにはお塩を振っていただきました。

茗荷とオクラの粘り気の強い白酢味噌和え。
干し海老とお野菜のたいたん。
 



「 1階のお客様が帰られましたので、
下で冷菓子を食べられますか? (^ー^* ) 」




なかひがし2010秋ー17 



「 鳥居などと同じで 縁起のいい色 」 朱塗りのかまど
『おくどさん』 の横で、炭火と戦いながら 次の予約分と思われる魚を焼く大将。



 
なかひがし2010秋ー16  




「 わ~!綺麗ね~! 」  思わず声が上がる。
ぶどうの葉を真っ白のお皿に飾ると、絵画のような美しさです。(^ー^* )



みかんのゼリーの上に乗った、バジル&みかん皮のシャーベットの風味が
また清清しくて美味です。 


  

 




『 ミシュランで星を取った 』

  『 京都一予約の取れないお店 』

『 日本一の昼食を食べさせる店 』 


『 ご主人・中東久雄さんは、美山荘三代目で
摘草料理で知られる、故・中東吉次さんの弟さん 』



・・・・この店を賞賛するそのような言葉を聞くと、
敷居が高い感じがしますが




くるんと長いまつ毛がかわいい(笑)気さくな大将の、思わずほほえんでしまう会話。
必要以上に華美に造られていない、お店の佇まい。
それに似合う、素朴過ぎる程シンプルな料理の数々は
いい意味で拍子抜けするほど リラックスしていただけます。



それでも、大将の真っ直ぐな瞳からは、確かな職人気質が漂って来て、
季節や、食べ物のパワーを印象付ける食材と、
手の込んだ 一品一品の仕事ぶりに、
お客様の舌と目を喜ばせたい という、
大将の おもてなしの心が伝わってくる・・・
そんな空気感を楽しめる、素敵なお店でした。



日本に生まれてよかった!笑
鴨と川魚が特に美味しかった!
ご馳走様でした!!!



りんちゃんがお友達のために次回の予約を入れて帰ったのですが、
大将の開いた予約ノートは、本当に先まで 名前がギッシリ!
1番早い日の2月1日に(!)、予約を入れて帰ったのでした。




行きはタクシーでしたが、 美味しい魚と京野菜や山菜と、
 アルデンテからおこげまで美味しいご飯をたっぷりいただいて
満腹♪ で、帰りは、哲学の道をお散歩しながら帰りました。
違う季節に、ぜひまた訪れてみたいお店でした。  





なかひがし2010秋ー15

 




■  草喰(そうじき)なかひがし

京都府京都市左京区浄土寺石橋町32-3
(白川通り銀閣寺道より銀閣寺方面に入ったところ交番前)

075-752-3500 (月曜定休)

要・予約
毎月1日に、翌月~の予約受付
昼:5250円、6300円、7350円
 (※ 今日いただいたのは、7350円のコース)
夜:10500円、12600円、15750円


食べログの評価

関連記事

Cafe&Restaurant | 2010/09/25(土) 02:12 | Trackback:(0) | Comments:(2)
裏山すぐる。
おこげのごはん。
食べ残しをおにぎりにしてくださるんだけど
この日記を見る限りでは完食したな!笑

無理もない。
おいしいもんねえ。
鴨の桜色の美しいこと!
ごっくん。
2010/09/29 水 23:33:40 | URL | まゆまゆ #/x0jLE/2編集
週に2回行ったりんちゃんいわく
数日後は鱧だったらしいので
まゆちゃんオススメの
鴨に当たって幸せだったわ♪
鴨の量も多かったしね(笑)

ボスにそう聞いていた女医JOYが、
「おこげをおにぎりにしてくださると
聞いたんですけど~」
って、言ってくれたのだけど
「???うちはおにぎりとかは
しまへんのどすえ~」
みたいなこと言われたよ?(笑)
2010/10/01 金 20:44:03 | URL | ダリア* #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。