UNIQLO CALENDAR
New entry & Thanks comments♪
Search for this site
Tanks access
QR code for mobile phone
QR
Spin off blog
My Camera
Love link
Profile

ダリア*

Author:ダリア*

Monthly Archive
Category
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
奈良@遷都1300年 ③~薬師寺・唐招提寺・二月堂~

奈良@遷都1300年-49 

 



1 day チケット は、沢山移動する私達にはとても便利でした。
バスや改札でもスムーズだし、神戸から乗っても¥1600
( 遠ければ遠いほどお得 ) なので 十分元は取れました。笑


が、

付属のお寺の優待券(¥300の拝観料→¥250など)
は、ほぼ使わずでした。  

なぜなら・・・・

 

 

私達  「これ、使えますか?」

寺の方  「それは、しょーもない寺しか、使えんねん。」

 



しょーもない寺て!!爆  

 こちら、お金を払って入った薬師寺。笑



奈良@遷都1300年-47 

奈良@遷都1300年-48 



この広い場所で、剛紫 コンサートしたんだね~

 

 

奈良@遷都1300年-53 

奈良@遷都1300年-50

奈良@遷都1300年-51 

 

皆ちがう表情で、趣がある鬼瓦。

 

 

奈良@遷都1300年-54 

奈良@遷都1300年-55 

 

瓦が挟まれてる 壁

 

 

奈良@遷都1300年-56 

 

まさに、モスグリーンな キレイな色。

 

 

奈良@遷都1300年-57 

 

「 今から薬師寺だったら、絶対に間に合わないよ! 」


と、キッパリ言われた 唐招提寺 も早足で
まさかの滑り込みセーフ!

 

ええ、写真撮ってる暇は皆無ですよ。
(写真をじっくり撮りたい方は、半分もまわれないと思います。笑)
しかし、16:30に閉まるって、早過ぎですやん?

 

『  ん  ゴォーーーーン !!』

 鐘の音と共に、追い出される私達。笑

 

 

奈良@遷都1300年-58 

 

 

たくさん歩いたので、 エネルギーチャージ しましょ。

 

 

奈良@遷都1300年-59 



食後に、ここの前を通りかかったけど
お寺優先で ぐっと我慢した

西大寺 『 ガトー・ド・ボア 』 の アンブロワジー

&たっぷりのホットオーレで。 ぽへーっとしました。



フランス「クープ ドュ モンド パティスリー」製菓ワールドカップグランプリ、
ドイツ「メイトルド パティシエ世界選手権」味覚審査1位 特別賞を受賞した
林 雅彦シェフが作り出す チョコレートケーキ。


看板商品らしく、ショーケース中央に
たくさん作ってありますが、どんどん売れて行きます。

 

奈良@遷都1300年-60 

 

神戸 グレゴリーコレの アブソリュ に似た 濃厚なチョコですが
ピスタチオのムースと、ベリーのピューレがアクセントとなり
飽きずに最後まで ペロリと食べちゃいました。

 

 

このまま何時間でも根が生えそうでしたが
『 遊 中川 』  へお買い物に。→ 買ったもの (ダリアの日記)

ここでも、暖簾を下ろしてまさに閉店する間際でしたが
お店の方の計らいで、少し開けてくださることに。感謝。
雰囲気のあるかわいいお店でした。

 

 

奈良6 

 

そして、しおりによると 

『  行く 気力が あれば 』 

 と、注意書きされた 笑      東大寺・二月堂へ。

 

バスを降り立った瞬間に襲われる恐怖。

お店がどこもかしこも閉まっており、 真っ暗なんですけど!!!  (|||゚Д゚)!!
京都なら、19時なんてまだ開いてるのに。 人っ子一人居ないのです。

 

それからは、「怖い怖い!」を連呼し、 友達にしがみ付きながら
ライトアップ、いや、ほのかな足元灯 程度に 誘導してる灯りを頼りに

「 ねえ。ほんまに、こっちで合ってるの? 」
と、地図で何度も確認しながら歩を進める私達。


真っ暗だと、ただの池が、怖いです。

人影を感じる?Σ( ̄ロ ̄lll)    と、思ったら 鹿さんでした。
トラウマ (過去記事)で鹿が怖い。)

 

粟立つっちゅーねん。 (|||゚Д゚) (|||゚Д゚)

 



 

ヒールのSちゃん  「(二月堂)  まだ?もう、無理!!」
「Sちゃん、頑張れ!!」

 

夜景がキレイということで、
励ましあいながら坂道を上って行きます。
恐怖&疲れのピークです。

 

 

奈良@遷都1300年-61 

 

ガ━━━(|||゚Д゚)━━ンッ!!

 

お、お、お、お、お墓?

 

と、思ったら、二月堂の入り口でした。笑

 

この最後の最後に出た 地獄坂的階段に、
もう、3人とも笑けて来ちゃって。

 

 

奈良@遷都1300年-62 

奈良@遷都1300年-63 

 

 

「 着いたーーーー!!!」

 「 私、膝が笑ってる。( ̄Д ̄;; 」

 

でも、苦労した甲斐あって、やっとあやかれた夜景は
とってもキレイで感動しました。

 

 

 

奈良@遷都1300年-64

奈良@遷都1300年-65

 

 

東大寺越しの夜景っていうのが いいでしょ?

 

 

 

「 ・・・・・ねえ。ここって、もしや
カポー(カップル)が来るとこやったんちゃうん?笑 」

 

 


『  ん  ゴォーーーーン !!』

20時の鐘を聞きながら、帰路へ。

 


 

「 あはははは!うっかり、肝試ししてもたわー! 」

 大笑いしながら、帰ってると、

 




「本来、芝生を食べてるから無臭でコロコロやのに、
鹿せんべい食べてるから、
人間のみたいな臭いになって来てるんですよっ!」

 

 

 初対面のおじさんに、いきなり鹿のう●こ について
熱く話しかけられました。 ( ̄Д ̄;;

 

でも、ニュースでやってました。鹿せんべい以外の食べ物をあげる人が多くて。
死んじゃった鹿を解剖したら、中から食べ物の匂いの付いた ビニール袋が
沢山詰まって出てきたの。人間が気を付けてあげなきゃね (;´Д`A  )

 


さっき、バスに乗るときも、知らないおじさんが
いろいろ話しかけて来たし・・・・・。

 奈良は、ちょっっぴりおせっかいな  親切な おじさん多いなあ。笑
地元を愛してて、観光客に対して サービス精神旺盛なんだろうね。

 

 


奈良@遷都1300年-67 

 

鹿さん達も、夜遅くまで、お疲れさまでした。
ファミリー毎に かたまって寝てる様子に ほのぼのしました。

 

 1時間で来れる、めちゃめちゃ楽しい小旅行でした。
誘ってくれた、おもしろい友達たちに感謝して・・・。

( 翌日サロンパスと栄養ドリンクで元気に出勤したらしい。笑 )

また来るね!

 

スポンサーサイト

未分類 | 2010/02/25(木) 16:00 | Trackback:(0) | Comments:(4)
平城遷都1300年祭 @奈良 ②~西大寺 ~

 奈良@遷都1300年-32

奈良@遷都1300年-33

 


みうらじゅんさんもおすすめのこのお寺。
そうそう、ここに入るなり ちょっと 面白いことがあったんです ♪

  友達の鞄から出た この携帯のファーストラップを見て。

 



奈良@遷都1300年-34 

 

 

寺の方  「 そのストラップは、どなたかのコンサートグッスですか? 」

 

 私達  「 ・・・( 彼は ) よく来られるんですか?笑 」

 



寺の方  「 去年の10月から、来られてません。
 (あなた達は) どちらから来られたんですか?
え?神戸?

 

 

3日とも行ったんでしょう!

 

京セラドーム(過去記事)。 ( ̄▽ ̄)  ニヤリ
関西はまだチケット取りやすいもんねえ。 」



私達   「 ・・・・・笑  」

 

 



左端から、順番に仏像を見てる私達に

 寺の方 「こっち、こっち!!これを 見ないと!
剛さんは、この弥勒菩薩(みろくぼさつ)が好きでね。
いつも座って見てはります。
だから特別 2重に敷いてあるでしょう? 」


私達 「・・・・は、はあ。」

 言われるがままに、弥勒菩薩の前に呼ばれて、
しばらく座って眺める私達。笑



 

 ダリ  「 髭生えてるし、なんとなく似てるね。笑 」
友達  「 うん。ふっくらした ほっぺとか。笑 」

 

ご親切な彼に お礼を言って、出ようとしたら、

 

 

寺の方 「これ見ました?『命音 ~メイオン~』 の最終回。
撮影に来られて。 最後だけ顔を出した号のですわ。

で、これが、私が撮ったやつね。」

 


と、言いながら 指差したのは 

 雑誌と、

 

 

 

剛さんの後頭部の写真。  爆

 

 

you  ! 

 


撮影は NG だよっ!! 爆

 

 



私達 「 どうも、ありがとうございました。笑 」


寺の方 「それそれ、その右側で撮ってはりました。

右ですよ、右側っ!!」

 

 




 

 

あははははは!!!


おじさん、一番のファンですやん。
剛くん、地元の人に 愛されてるね。

 

おじさん?  ほら見て!  

 

奈良@遷都1300年-43



ちゃんと言われたとおり 雑誌の剛くんと同じ角度で
3人とも 撮影しましたからね!笑


ありがとう!!また、来ます!

 


仏像とお寺を観に来たはずが、
なんだか、ミーハーツアーの流れに。笑

他のお寺では、歴史だったり結構 含蓄のあるお話しも、
していただいたんだけど・・・ ウケるわ~。笑



 

奈良@遷都1300年-37 

奈良@遷都1300年-35 

奈良@遷都1300年-36 

 

4月10日の お誕生日には 満開のソメイヨシノと
記念撮影する ファンの方達で一杯だろうな。



 

奈良@遷都1300年-38 


奈良@遷都1300年-39 




弟子たちによって作られたり、
火事に遭っても修繕しながら
長い間、ずっと守られてきた 仏像達から感じる郷愁。

 本で見るのではなく、仏像の前に、実際対面してると、
すごいパワーを持ってて。

 優しかったり、鋭かったりする 光を内包した瞳から 
形而上の 「教え」 を受けたような。


自分自身を今一度みつめるような。
ある種のアイデンティティークライシス。
心が清められて、
悪いことなど、できないような気に。笑

 観光客の少ない時期でしたが
熱心な善男善女が、
1つ1つの仏像に座って拝んでいました。


忙しい人ほど、こういう場所で
ゆったり時間に耽ることは 大切な気がします。


そして、仏像もいいですが、
私は、建築の素晴しさに惚れ惚れしてました。


奈良@遷都1300年-40 


奈良@遷都1300年-41 

奈良@遷都1300年-42 

  


見事な木彫り。ふすまや年季の入った色の板の床の軋み。
足の裏から伝わる、堂内のひんやりとした静けさ。
朱色の塗りの美しさ・・・。




 

 

まあ、

お堂の外へ一歩出ると

 

毎度毎度、3人で疲れでヨレヨレしながら
ロングブーツを すのこの上で、
パンツ丸見えで 脱ぎ履きして
そんな自分たちに、大笑いしてたんですがね。笑
( 冬は、スニーカー必須やわ。)


紅白の梅が互い違いに植えられたエントランス 

 

奈良@遷都1300年-44  

奈良@遷都1300年-45 

奈良@遷都1300年-46 

  


時間が押している!!! (しおりの予定より。笑)

いざ、薬師寺へ!

 

 



( ③ へ続く・・・ )


未分類 | 2010/02/24(水) 13:46 | Trackback:(0) | Comments:(2)
平城遷都1300年祭 @奈良 ①~興福寺・春日大社~

  奈良@遷都1300年- 

 

10ヶ月振りに、奈良へ行ってきました。
バス&電車乗り放題の1day チケットを握り締め、
奈良駅で集合。

 

 

奈良@遷都1300年-68

 

売り切れる前に、コンコース内 『 たまうさぎ 』 で
きなこ団子を買い、興福寺へ。

 

 

奈良@遷都1300年-7

 

この時期の鹿さんは、ハゲてはいませんでした。笑 

 

 

しかし、3月1日の リニューアルOPENに向けて
工事中で、残念ながらイケメン阿修羅は見れず。

 

 

奈良@遷都1300年-2 

奈良@遷都1300年-6 

奈良@遷都1300年-3 

 

暖簾?が寺によって柄が違ってかわいんです。
こちらは鹿柄 ♪

 

 

 

奈良@遷都1300年-5 

 

わんこもお散歩。

 

 

奈良@遷都1300年-8 

奈良@遷都1300年-9 

 

盛り沢山 お寺をまわる予定のため、
予定してた  『遊 中川』 は後半に行くことにして
早く閉まる神社からまわることに。


 春日大社へ。

 

奈良@遷都1300年-11 

奈良@遷都1300年-12 

奈良@遷都1300年-13

 

頬にあたる風だけがひんやり冷たくいいお天気。
綺麗な空気、広大な土地のコケ生す道を 散策する気持ち良さ。

( 友達が持ってきてくれた、ピエール・マルコリーニ
を 食べ歩きしながら。笑 )

 

 

奈良@遷都1300年-15 

 

 

よ~く見てください。

外人の男の子も立ち止まって 釘付け。 

 

 

奈良@遷都1300年-14

 

 

悶絶のかわいさ !!

 

実は 途中まで、写真の設定(ホワイトバランス)をしくじって
 気付いた時には撮り直す時間もなくて 落ち込んでたんだけど

青白い中に 鹿という取り合わせの この世界観。
まるで  東山魁夷の絵 (過去記事) みたいじゃない?  笑

ええ、人からよくポジティブやな!って言われますけど、何か。笑 

 

友達  「この子ら、かわいい撮られ方、知っるわ!笑」

 

 

奈良@遷都1300年-21 

 

お守りも、鹿と藤の花の絵で、かわいいんです。

 

==今日の死活問題 == 

 

厄年のお守りか、縁結びのお守りか
究極の選択の友達たち。 ぷぷぷ。笑

 

 

奈良@遷都1300年-23 

奈良@遷都1300年-16 

奈良@遷都1300年-18 

奈良@遷都1300年-20 


 

この藤棚、花の季節は立派でしょうね。

 

 

奈良@遷都1300年-22 

 

座ってるだけで絵になる人達。笑
世界中から観光に来る 古都・奈良。

「神戸から。」って言ったら、
お寺の方に、「近いな。」 って、言われる訳よね。笑

 

 

 

奈良@遷都1300年-10

 

奈良@遷都1300年-24 

奈良@遷都1300年-25 

 

「 ちょうど2台で行けるんですよ! いかがですか?」

ちょうどて!笑

 

3人にしては、重いなーって言われそうだから、
やめました。あはは!

 

奈良@遷都1300年-26 

 

平城京跡を  【 世界の車窓から 】。

 

 

奈良@遷都1300年-31

 

海老・ホタテ・クリームコロッケに
味噌汁やらなんやらのボリュームランチで 腹ごしらえ。

 

そうそう、今回、友達が前日お仕事の後 夜中3時までかかって
『 奈良のしおり 』 を作ってくれたんです。泣

 

奈良@遷都1300年-30

 

奈良@遷都1300年-27 

 

すごくないですか?

 

彼女の部下の頃、セールの日用の店内レイアウトを、こうやって
一生懸命チラシの裏に(笑) 描いてもらったことを思い出す。

その立場になって初めて分かる有り難さってありますよね。
一時、お互い、家族よりも彼氏よりも
長い時間一緒に 2人きりで働いていた。
苦楽を共にしたからこその、絆、いいおもひで。

 

奈良@遷都1300年-28 

奈良@遷都1300年-29 

 

それにしても

絵 、  ソツ栗。 笑

 

 

( ②へ続く・・・・・ )

 


未分類 | 2010/02/23(火) 15:42 | Trackback:(0) | Comments:(2)
水仙の香りに乗って

アイるママ10-2 



アイるママさんから、いい香りの贈り物。

 

アイるママ10-11 

アイるママ10-4 



ミニなのに、お花が大振りの水仙は
黄色と白のコントラストが目に飛び込んで
箱を開けた瞬間になんともいい香り。
とっても嬉しい贈り物です。

アイるママ10-5 



こちらは・・・・クリスマスローズかしら?
清楚な白い蕾の開花を楽しみに。

 

アイるママ10-7 



生めんは、なんとシンビジウム茶の粉末入りですって!
鳴門金時のパイ。パイ 大好きです♪

 

アイるママ10-8 

 



蘭の懐紙や、シンビジウムのエキス入り
ハンドクリーム、年中使えそうな色目のコースターまで。

 


沢山ありがとうございました。

 

アイるママ10-6 




お花のうつむき姿が美しいので
キャトルセゾンのカジュアルなワイングラスに飾ってみました。
今、お部屋中が、春の香りに包まれています。
素敵な贈り物を、どうもありがとうございました。(´▽`*)

今週は寒い日が続きますが、
春にご自慢の庭作りに精を出す アイるママさんに思いを馳せて。

 


Flower | 2010/02/02(火) 14:28 | Trackback:(0) | Comments:(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。